将来のことを考えて大学に通わせるなら

もしこれから子供が高校を卒業して、大学に通うと言うのであれば、親が口出しをするのではなく、子供が決めるように導いてあげましょう。
今までずっと親と先生の言われた通りに勉強してきたと言う子供にも、ここは自分で決めさせることが重要となります。
4年後には社会に出ているわけですから、今のうちにその心構えを作ってあげることが肝心です。
我が子が離れていくのは寂しい気持ちもあるかもしれませんが、親としての務めでもあるので、心を鬼にして、ある程度厳しい接し方をしてあげましょう。
そうすることで、子供もここにきて、大きく成長することが可能です。
また、金銭的な余裕に関しては、奨学金制度を利用しても構いませんが、親が負担してあげることが重要となります。
奨学金を利用すると、将来的に子供が返済しなければならないので負担が増えてしまうでしょう。
余計な心配が増えてしまうことになるため、それなら親が全て支払ってあげたほうが、子供のためです。

sub置換