私立小学校の教師は転勤がない仕組み

公立の小学校の教師は、それぞれの市区町村に採用されて各学校に配属されます。
市立であればその市内での転勤地があるので、その学校でずっと教鞭をとるわけではありません。
一応1年生の担任を持つと、そのまま6年間は転勤なしに受け持ってくれる可能性はありますが、転勤が全くないわけではありません。
私立小学校の教師は、それぞれの学校の募集に応募して採用されます。
小学校の中には系列などがあるので、系列の学校同士で転勤が発生するかもしれませんが、通常はその学校で教鞭を取り続けてくれます。
1年生で担任として受け持ってもらえると、そのまま6年まで受け持ってもらえます。
先生によっては長年その学校一筋で教鞭をとっている人もいて、よりその学校の教育方針などを理解してくれています。
ですから安心して子供を預けることができます。
先生の転勤がある公立の学校だと、在職している先生によって校風が変わるときがありますが、私立は校風はほとんど変わりません。

sub置換